自分に自信がない人に共通する5つの特徴

虚言癖がある

f:id:singaly:20160705174209j:plain

これは言うまでもなく、自信がないことの表れです。

自信がない人とは素の自分を受け入れられない人です。

常に何かしらのコンプレックスを抱いているのですが、そもそもコンプレックスを抱いている状態が受け入れられないので最終的には虚言で誤魔化します。

 

 

外観にこだわり、身につけているものを自慢したがる

 

自信がない人はそれを補うように外観にこだわる傾向があります。

また、身の丈に合わないものを身につけたがります。

所得や学歴、職歴にコンプレックスがある人ほどSNSなどで、海外旅行や購入したものなどを自慢し、さも上流階級のように振る舞います。

 

よく人にものをあげる

f:id:singaly:20160705174239j:plain

自分には何の取り柄もないので、ものをあげることで他人から興味を引こうとします。

見返りを求めてない人なら良いのですが、大概「いつも迷惑をかけているから」という気持ちからこの行動に出ますので、ものをあげることで許してもらおうとしているという図々しさが垣間見れます。

また、他人のウォンツを考えないので、本当に必要なものをあげる確率がかなり低いです。

いらないものをもらった挙句恩を押し付けられます。

 

他人の意見に合わせる

自分に自信がない人は常にテレビや雑誌、マンガなどの情報に振り回され、それらの平均化した値が”常識”だと思っています。

考えることを放棄しているため、相手の意見が正しいのか間違っているのか、根本的にわかっていません。嫌われることを恐れるため、相手の意見に合わせてしまいがちです。

 

頑固者

f:id:singaly:20160705174336j:plain

上記と同じように、意見されてもロジカルに考えることができず、相手の意見を聞き入れることができません。

逆に自分に自信がある人は、相手の意見を論理的に分解することができるため正しいことと間違ったことを精査することができます。

 

まとめ

自分に自信がない人とは関わらないほうが良いです。